銀歯にするデメリットとは?

虫歯になってしまうと、ほとんどの場合、歯を削って治療をしなければいけません。
一旦虫歯になってしまうと、他の身体の部位と異なり、自然に治癒するということは歯に冠しては起きません。
現在のところ虫歯は削って治すしか方法がないわけです。

歯を削ってしまったのであれば、削った場所を何かで覆ったり、補ってあげなければなりません。
それが銀歯というわけです。
では銀歯を口の中に入れるデメリットはあるのでしょうか?
最も大きなデメリットは、口の中に異物が入ってしまうということです。
銀歯の材質をしっているでしょうか?
純銀がつかわれているわけではありません。

銀歯の材質は、パラジウムや銀、亜鉛といった材料が合金となって使われています。
こうした金属は身体に対して大きな害とはなりませんが、それでもやはり異物には違いません。
口に入ったものは少しずつ溶けていく可能性もありますので、金属が溶けて身体に吸収されるというのはやはり良いことではありません。
しかし保険診療で安く治療を行ってもらうためには、この方法しかありませんので、他の歩法を選ぶことは基本的にできません。